安全

プラセンタを使ったケアについて

話題の美容成分「プラセンタ」を利用したケアの方法としては、主に以下のような方法があります。

・サプリメントを経口摂取し、体内から活性化を図る
・原液やスキンケア製品を美容目的として皮膚に塗布する
・特定の疾患に対して、注射による施術を行う

サプリメントについてはもっとも手軽な方法で、使われている胎盤も豚や羊から抽出したエキスであるため、人にとってリスクの少ない方法です。
サプリメント製品は、種類が多いので、目的やニーズに応じて、さまざまな価格帯バリエーションの中から製品を選ぶことができます。

原液タイプも含め、スキンケア製品は主に肌への美容目的で使われます。
プラセンタは細胞を活性化し、体内の活性酸素を排除する効果が注目されています。
しかし、肌に塗布するだけでもなめらかな触り心地になったり、ターンオーバーに良い影響を与えるなど、人によっては効果を絶大に感じられる場合もあります。
サプリメントは面倒くさいけれど、スキンケアだけは真面目に続けたいと思う方には、プラセンタを塗布する方法をおすすめします。

最後に、肝機能の向上や更年期障害の治療には、注射による施術が用いられています。
更年期障害以外にも、乳汁分泌不全や女性ホルモン系の疾患、皮膚を若々しく保つなど保険外での美容にもプラセンタが用いられています。
しかし、サプリメントやスキンケアと違うところは「ヒト」由来のプラセンタを使っているということです。
豚からヒト、羊からヒトではなく「ヒトからヒト」への施術であるため、よりダイレクトな効果を感じやすいと言われていますが、その分リスクも大きくなることに注意が必要です。

プラセンタを使ったケアには、手軽にできるものから本格的にクリニックで行われる施術まで、幅広い方法があります。
無理のない範囲で始めることもできますし、もしも女性ホルモンや更年期障害に特有の悩みがある場合は、プラセンタ施術を考慮に入れてみても良いかもしれません。

このページの先頭へ