安全

治療にも効果を発揮しているプラセンタ

サプリメントとしてよく知られるプラセンタは、現在医療機関において「プラセンタ療法」として利用されています。
サプリメントをそのまま使うというよりも、胎盤から抽出したエキスを注射などに利用し、施術する方法がとられています。

プラセンタ療法には、内服タイプのサプリメントもありますが、何といっても注射が一番直接的な方法になります。
それだけに、リスクも受けなければなりませんが、更年期障害や肝臓機能障害の薬として、保険適用され治療を受けることができます。
医薬品でありながら副作用もなく、人体への適応が早いということで日々注目が集まっています。

プラセンタ治療を行うと、細胞呼吸を促進する作用や細胞活性化作用などによって疲れが取れる、眠りが深くなる、肌の状態が改善する、あるいは実際に肝機能や更年期障害が緩和されるといった結果が出ています。
女性に多い生理不順や月経困難症、生理周期の改善などにも一定の効果がみられるということです。

サプリメントとしてのプラセンタには、ブタやウマの胎盤が使われていますが、医薬品にはヒト由来のプラセンタが使用されています。
しかし、プラセンタ治療で注射を行った方は、エイズやヤコブ病などの感染リスクを抑えるため献血を拒否されますので、医師とよく相談のうえで注射を行うようにしてください。

ウマやブタのプラセンタでも、長期的に摂取することで効果が出やすくなります。
あくまで美容や体調改善を目的としているなら、根気強くサプリメントなどに取り組んでいくことをおすすめします。
特にヒツジ由来のプラセンタは最近高く評価されており、アミノ酸の組成が人間のものと非常に似ていることから、親和性の高いプラセンタとも言われています。

現在、肝臓機能や更年期症状に悩んでいる方については、一度医師に相談のうえで、プラセンタ施術を考えてみると良いかもしれません。
そうでない方は、できるだけ無理のない範囲で、プラセンタ製品にトライしてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ