安全

塗るタイプと摂取タイプの違い

製品として広く愛用されているプラセンタには、「皮膚に塗布するタイプ」と「口から体内に取りいれるタイプ」の二種類に分けることができます。
それとは別に、注射による施術も行われていますが、こちらは医療目的がほとんどであるため、気軽に受けることはできません。

皮膚に塗布するタイプの特徴としては、クリームや美容液などスキンケア製品に用いられているということです。
原液としてエキスが単体で売られていることもありますが、原液についても皮膚に塗布するタイプの製品です。

プラセンタを肌に塗ると、滑らかな肌触りになる、吹き出物やにきびなどの皮膚トラブルが減る、しみやくすみが減るなどの効果がみられます。
人によって差はありますが、薬を塗っても効かなかった吹き出物が治ったという方もいらっしゃるようですから、一度は試してみても良いかもしれません。

それとは逆に、プラセンタを使ってすぐににきびが増えたという方もいます。
人によっては、プラセンタの効き目が強く出て、肌に塗っただけでその部分の分泌が激しくなり、一時的に吹き出物が増える場合があるようです。
もしも、皮膚トラブルが増え続けて治らない場合は、様子を見ながら対処するようにしましょう。

経口摂取するタイプの特徴としては、体内に直接取り入れることができるので効果を確かに感じられるという点にあります。
肌に塗るだけでは表面的な効果しか得られませんが、しっかりと血液や身体の組織に栄養を届け、活性酸素を取り除くことができるのは経口摂取タイプの最大のメリットです。

プラセンタは、ビタミンやアミノ酸なども含んでいるので、サプリメントを個別に取らなくても必要な栄養分を吸収することができます。
サプリやドリンクだけでは効果が感じられない場合は、必要に応じて、プラセンタエキスをそのまま乾燥させた「原末」なども取り入れると良いでしょう。
時間がかかっても、体調をしっかり整えていきたいという方におすすめです。

このページの先頭へ