安全

プラセンタと献血の関係

プラセンタはサプリメントやスキンケア製品など、あらゆる方法で美容と健康に用いられている成分です。
肝臓の疾患や更年期障害の治療などには、注射が用いられていることもあり、多くのクリニックや医院で医薬品としても活躍しています。

プラセンタの美容効果を強く求める場合、プラセンタ注射がもっとも効果的な方法です。
しかし、プラセンタ注射はサプリメントなどの健康食品やスキンケア製品とは違って、ある程度のリスクがあることを知っておかなければなりません。

美容外科や産婦人科でも注射による施術を受けることはできますが、一度でもプラセンタ注射を受けると「献血」をすることができなくなります。
厚生労働省の方針により、平成18年10月10日から実施されていますが、これはプラセンタ注射による病気の感染リスクを防ぐための取り決めとなっています。

プラセンタ注射では「クロイツフェルト・ヤコブ病」やHIV、その他特効薬のない病気への感染が危惧されています。
この疾患の感染リスクが0になれば献血も可能ですが、現時点では対処方法がなく、ヤコブ病を防ぐ手立ては感染経路のシャットアウト以外に方法がありません。

プラセンタ注射からヤコブ病に感染した例は、まだ一件も報告されていません。
しかし、効果的な治療法が確立されていないため、献血の必要がある方については安易に注射を行わないよう注意が必要です。
プラセンタ注射は、多くのクリニックで導入されているため、人によっては美容目的で繰り返し注射をしたりする方もいるようです。
しかし、間違いなく注射後は献血が拒否されますから、まずは自分に注射が必要なのか、冷静になって考える必要があります。

献血が出来ないケースは、プラセンタ注射のみですので、サプリメントなどの製品であれば使用には問題ありません。
よって、プラセンタを試す場合は、まずは健康食品やスキンケア製品を利用するところから始め、原末や原液は必要に応じて使うようにしていくと良いでしょう。

このページの先頭へ