安全

プラセンタの副作用について

美容成分として世界中で注目が集まっているプラセンタは、サプリメントや健康食品の一部に配合されるなどして女性を中心に注目されています。

プラセンタを摂取するうえで最も気になることは、その安全性についてです。
プラセンタとは何かを知った後に、必ず副作用を知っておかなければなりません。
プラセンタを摂取して身体に起きる変化は、一つはホルモンバランスの変化、そしてもう一つは特定の病気の罹患の2つに分けられます。

・ホルモンバランスの変化
プラセンタは安全性の高い成分です。
しかし、人によっては女性ホルモンに変化を生じ、婦人系の副作用が起きやすくなることがあります。
生理周期の変動や経血の量が増える、あるいは更年期障害の治療に何らかの影響が生じないとも限りません。
プラセンタをホルモンバランスの治療のために用いる際は、医師とよく話し合って摂取を行う必要があります。

さらに、まれな事例ではありますが、プラセンタによってアレルギー反応が出たという結果も報告されています。
アレルギー体質の方は、やはりかかりつけの医師に相談のうえ、独断でプラセンタを使用しないよう注意が必要です。

・特定の病気の罹患
プラセンタを注射から摂取する際、ヒト由来の胎盤が利用されています。
ここで万が一、特定の病原体を持つ胎盤が注射されてしまうと、必然的に同じ疾患にかかるというリスクがあります。
したがって、プラセンタを直接注射する場合は特にリスクがあることを踏まえ、医師とよく話し合って納得したうえで施術を受けるようにしましょう。

自分の体内は目に見えない世界ですから、プラセンタの副作用が出ても一見何が起こっているのか判断に時間がかかります。
サプリメントなどは、安全性が高い製品ですから、アレルギーや婦人系のトラブルが起きない場合は飲み続けて問題ありません。
しかし、誰にとっても絶対に安全ということではありませんから、まずは副作用についてしっかりと理解し、納得したうえで利用するようにしたいものです。

このページの先頭へ