安全

プラセンタで疲労回復とは

プラセンタの成分には疲労を軽減する効果があります。
といっても、健康食品程度で疲労が軽減できるわけがない…と、信憑性を疑う声もあります。
そこで今回は、プラセンタの持つ疲労軽減作用について考えてみたいと思います。

プラセンタは一度や二度摂取した程度では体内に吸収されたまま、特に効果を感じることもありません。
継続的に飲み続け、規則正しい生活習慣を維持することでパワーを発揮し始めます。
実際に、肝機能の向上にプラセンタ注射が用いられています。
それは、肝臓内において活性酸素の除去、細胞の活性化を促進するため、肝臓機能が弱っている方はプラセンタのパワーを感じやすいと考えられます。

プラセンタには血流を促進する効果もあります。
というのは、血液に流れ込む活性酸素の量を減らしてくれるので、プラセンタの効果を上回る活性酸素が発生しなければ、血液は段々と綺麗になっていきます。
その結果、体内を巡る血液がスムーズに流れるようになり、免疫機能や代謝機能が正常化していくのです。

免疫や代謝機能が正常化されるということは、「治癒力」が向上します。
疲れたなと思っても効率的に身体を休め、ストレスを溜めこまない身体作りができるようになります。
これが、プラセンタを摂取する大きな目的であり、メリットなのです。

人によっては、高濃度でなければ効果を感じられなかったり、注射をして初めてはっきりと身体に感じたりする場合もあります。
ですが、プラセンタを始める場合は、やはりサプリメントやドリンクなどの製品を使って気軽に始めることをおすすめします。
ちょっと慣れてきたと思ったら、プラセンタのエキスをそのまま粉末化した「原末」などを使ってみると良いでしょう。

疲労回復が実現されれば、自律神経のはたらきも正常に戻っていきます。
その一つに眠気があり、わけもなく眠くなることがありますが、これはプラセンタのパワーによる正しい反応です。
夜は、眠くなったら寝るのは当然の事ですから、無理に眠気を抑え込んで夜ふかしをし、身体に負担をかけないように注意しましょう。

このページの先頭へ