安全

プラセンタのバリエーションについて

私たちがよく知る「プラセンタ」は、ヒトや動物の胎盤から抽出した物質が、さまざまな製品として使われています。
しかし、このプラセンタにもいくつかの種類があることをご存知でしょうか?

・動物性か植物性か
プラセンタは実は動物由来のものだけではなく、植物性の製品も存在します。
植物性プラセンタは、主に大豆やとうもろこしから抽出した胚で、こちらは動物性と違って成長因子を含んでいません。
そのため、身体に直接的な害がなく、アレルギーの心配のある方を除けば誰でもお使いいただけます。

もちろん、動物性プラセンタのようにアミノ酸やビタミンなどの栄養素が豊富に含まれています。
ですから、動物性プラセンタはちょっと気がひける…という方にもおすすめです。
長期的に続ければ美肌効果も期待できますので、動物性を試す前に植物性プラセンタにトライしてみるのも一つの方法です。

・動物性プラセンタの種類の違い
よく知られていることですが、プラセンタにはヒト由来のものもあれば、豚や馬から抽出したプラセンタもあります。
現在サプリメントや健康食品に利用されている動物性プラセンタは、次の三種類になります。

・馬
・羊
・豚

以前は牛もよく使われていましたが、狂牛病の問題が危惧され始めてからは、感染症を避けるため用いられなくなりました。

・注射における種類の違い
プラセンタを肌に注射する場合、主に「肝機能障害の治療」と「更年期障害の改善」の二種類の目的によって使い分けられます。
これらの施術は、正式に認可された医療機関でしか受けることはできません。

肝機能障害を治療する場合のプラセンタは「ラエンネック」と呼ばれ、更年期障害を治療するプラセンタは「メルスモン」と呼ばれています。
それぞれ製造方法が異なり、使用目的も違いますが、安全性は高く、どちらも美容目的で使用する場合は効果に大差はないと考えられています。
プラセンタを使う場合は、サプリメントにしても注射にしても、まずは効果が出るまでしっかりと続けることが重要になります。

このページの先頭へ