安全

プラセンタは安全なの?

プラセンタは、美肌やアンチエイジングに効く成分として女性を中心に注目を集めています。
サプリメントにはもちろん、プラセンタを配合した美容液やクリームなどの化粧品についても大きな話題を呼んでいます。

しかし、プラセンタは胎盤由来の成分であり、自然界に存在する植物性の成分とは本質的に異なるものです。
プラセンタそのものについて、安全性は保障されているのでしょうか?

プラセンタの元となる動物はヒト、豚、馬、羊などの哺乳類です。
その他にも胎盤を持つ動物は多いのですが、吸収効率や安全性などを考えて、大型の家畜がプラセンタの供給元として選ばれています。
以前は牛がよく用いられていましたが、狂牛病の危険があるということで、近年では用いられなくなりました。

特に馬や豚などは、人間にとって安全性が高いため、サプリメントでも健康食品でも、問題なくお使い頂けます。
羊のプラセンタも、人間への吸収率が良いということで原材料になることがあります。

感染症のリスクが高いのは、何といってもヒト由来のプラセンタです。
ヒト由来のプラセンタはもっとも人に適応しやすく、直接的な効き目が期待できますが、そのぶんリスクも高くなるということをよく知っておく必要があります。
プラセンタは、食品として摂取するぶんには問題ありませんが、人体に直接注射する場合は献血ができなくなるというデメリットもあります。

安全性が高いと言われているプラセンタですが、安易な気持ちでトライする前によく下調べをして、医師から説明をしっかり聞いておくようにしたいものです。
特に、美容のために注射を受けようと考えている方については、理論上は変異型ヤコブ病に罹患するリスクを含んでいます。
ですから、本当にプラセンタ注射をするのか、じっくりと考えてからの施術をおすすめします。

サプリメントについても、価格が安いものから高いものまで幅広く揃っています。
「質」をよく見極めて、他に配合されている成分は何か、またサプリを飲み続けることでどんなメリットが得られるかを考えてから購入するようにしたいものです。

このページの先頭へ